ごあいさつ

 山紫水明の地、城下町村上。 春、残雪輝く朝日連峰の峰々から清流を集めた三面川(みおもてがわ)は、平野の水田を潤しながら日本海へ流れる。 町の中央にあるお城山の満開の桜が深い緑に変わると、祭り一色の夏となる。 秋になれば、三面川に鮭がのぼり、やがてシベリヤおろしの寒風に、粉雪が舞いはじめ、「酒造りの冬」が来る。

 村上は、古くから酒造りの盛んな土地でした。 江戸時代、井原西鶴は「好色一代女」に、「村上のお大尽(だいじん)が、京都の島原で、廓(くるわ)遊びをしたときに、京都の酒はまずいからと、村上の酒を持ち込んで飲んだ」話を入れています。 大洋酒造株式会社の歴史は、地元の古い14の酒蔵が合併した時から始まります。
 1945年に下越銘醸株式会社、酒名「越の魂(たま)」として発足し、その5年後に社名を大洋酒造株式会社、酒名を「大洋盛」に改名しました。 このように会社設立は、昭和の時代ですが、母体となった各酒蔵の歴史は大変古く、井原西鶴の「好色一代女」創刊よりも前の寛永12年(1635年)創業の蔵もあり、営々と酒造りを続けてきた歴史と伝統を誇りとしています。

 ひたすら「美味い酒」造りに徹してきた弊社の歴史のひとこまに、全国に先駆けて吟醸酒を市販(1972年)したことがあげられます。 「大吟醸大洋盛」第一号を市販したこの時以来、ご返送いただいたご愛飲者の名簿は通し番号順にすべて保存され、社宝として今日も続いています。 また、酒瓶を入れる桐箱の表書きの番号は、歴代の社長が手書きすることが習慣となっております。 城下町村上の伝統と風土の中で、営々と育まれてきた大洋酒造を宜しくお願い申し上げます。


戻る